私たちが松本市で注文住宅を購入する決意をした理由について

注文住宅を建築する際には覚悟が必要不可欠

自らが納得出来るような、理想通りの注文住宅を上手く建てるには、まず設計する人間が依頼者の希望へと、一体どの程度近づき、この考えなどをきちんと把握して、正しく纏めるかに掛かっています。その時に設計士は今までや、これから先の人生観について、詳しく聞いて来るかも知れません。
この際に台所の設備・各部屋の面積・物置などのスペースなどを、ただ適当に話すだけでは、レゴブロックを組み込んだような、不満だけが残る間取りしか、残念ながら出来上がりません。従って注文住宅を建設する時には、家族みんながその家で一緒に日常生活を行うと言う、大きな決断が必然的に要求されて来ます。これはそのエリアで暮らして行く覚悟・家族みんなで仲良く過ごして行く覚悟・夫婦2人で助け合いながら生活覚悟・大切に育てているお子さん逹の将来の故郷になると言う覚悟の事です。
基本的に覚悟とは、難しい事・リスクを伴う事・失敗を招く事・損失になる事などを、前以てちゃん予測しておき、この事をしっかりと受け止めるような、気持ちの準備をやる事です。なのであやふやな言葉だと、受け止める心の準備が出来ない状況になる訳です。
その事を完璧に行う事出来れば、お互いの信頼感などが、ごく自然と生まれて来る事でしょう。

Choices Contents

注文住宅を選んだ理由

注文住宅を建てるためには、自分で良い土地を見つける必要があったり、内装や設備や間取りなどをハウスメーカーと相談しながらゼロから決める必…

注文住宅を建築する際には覚悟が必要不可欠

自らが納得出来るような、理想通りの注文住宅を上手く建てるには、まず設計する人間が依頼者の希望へと、一体どの程度近づき、この考えなどをき…

注文住宅を建てる事は『物語』でなく『モノガタリ』

・注文住宅を建てる事は『物語』でなく『モノガタリ』を作る事です一般的に物語と言うと、特定の物事などに関する、始めから終わりのま…

注文住宅を建てるのに必ず知っておきたい事

注文住宅を建てる歳にはまず、自らの生活の中で『1番大切なものは一体何なのか?』を確認することからはじめます。例えば注文住宅を組…